倉庫を使うと効率的!タイプ選びには気を配ろう!

スペースを有効活用できる

自宅、オフィスなど生活や活動をする場があるでしょう。床に何も置いていなければいいですが、物が置いたままになっているところもあり。物が置いてあれば、その分活動が制限されます。無駄も発生しているんです。倉庫の利用で、広く使えるようになりますよ。賃貸の場合、物を置いている所にもコストがかかっています。倉庫と住宅や事務所の賃料は大きく異なります。物を倉庫にしまえば、賃料の高い住宅のスペースが広げられるメリットがあります。

重要なものならセキュリティも考える

鍵がついていればセキュリティのことを考える必要がないと思いがちです。鍵にはいろいろなタイプがあり、下手をすると簡単に開けられたりつぶされたりすることもあります。あまり重要なものをしまっておくことはできません。物を保管するのに倉庫が便利ですが、何を置くかでセキュリティのレベルを考えた方がいいでしょう。価値のあるものであれば、住宅レベルの鍵が付いているところを選びましょう。単なる荷物なら、屋外タイプでも問題ありませんよ。

広いからすべてのスペースが使えるわけではない

住宅やオフィスを利用するとき、ある広さがあればその広さをすべて使うことを想定できます。しかし、倉庫の場合は、提供される広さすべてを使えないこともあります。倉庫にものを入れるときには、入れる作業と出す作業が必要です。作業空間も考慮して利用しないといけません。小さいタイプの倉庫や段ボールで預けるタイプなら、提供される広さ全体を利用できるでしょう。利用例などをチェックしておけば、思い通りの遣い方がしやすくなりますよ。

1996年に日本に導入された、第三者による物流請負いサービスのことを3PLと呼びます。荷主と利害関係をともにする業者に物流を任せることで、コスト削減効果を狙えます。