目的に合わせて賢く選ぼう!印刷の種類について

印刷にはいろいろな種類が

一口に印刷といっても、実はいろいろな種類があります。それぞれ得意としているものが違ったり、出来上がりに差があったりするので、目的に合わせて印刷の種類を選ぶのが大切です。分からないときは業者さんに質問して、しっかりとした説明を受けましょう。良く使われている印刷方法四つを合わせて四大印刷方法といいます。平版印刷、凸版印刷、凹版印刷、孔版印刷の四つで、それぞれインクが付く部分と付かない部分がどのように違うかで区別されています。

平版印刷と凸版印刷とは?

平版印刷とは、別名オフセット印刷と言います。水と油の反発作用を利用して印刷する方法で、文字も写真も綺麗に印刷することができます。非常に身近なところで使われている印刷方法で、雑誌やポスター、包装紙などはこの印刷方法で作られています。凸凹の版の凸部分にインクを付け、加圧することで印刷する方法を凸版印刷といいます。木版画や印鑑などと同じ原理です。昔ながらの方法で、案内状や封筒などの印刷に使われています。

凹版印刷と孔版印刷とは?

凹版印刷は、凸版印刷とは逆のやりかたです。凸凹の凹部分にインクを詰め、それを紙に写し取ります。この凹部分の深さによって写真の階調を表現することができるのです。写真の印刷に向いていることからグラビア印刷とも呼ばれます。ただコストがかかるので、少数部数には向いていません。孔版印刷とは、スクリーン印刷とも呼ばれる方法です。シルクスクリーンのように、網状の版の板にインクを乗せ、裏面に押し出すことで印刷を行います。細かい文字は苦手ですが、布や曲がった面にも印刷できる強みがあります。

企業の顔とも言える封筒印刷は、今や高品質で速スピード納品が当たり前です。価格もだいぶ抑えられてきました。