優秀な人材を逃さずゲット!適性検査の正しい選び方

まずは自社に必要な人材像を確立すること

自分たちがどういった人材を必要としているのかによって、選ぶべき適性検査の種類も変わってきますよね。どういった人材が必要なのかが把握できていなければ、適性検査を行ってもそれは形だけのものとなってしまいます。確かに形だけの適性検査でも、常識力等を判断することはできますから完全に無駄にはなりませんが、社員の将来性までは判断することができなくなってしまいます。可能な限り詳細に、希望する人材像は確立させておくことが肝心ですね。

人気の適性検査を使えば失敗は減らせる

大手企業が使っている有名な適性検査は、歴史も実績もすごいのでそれだけ信頼性が高くなります。有名な適性検査を導入するだけでも十分な場合があることは知っておきましょう。ただし、あまりにも有名なものは対策本が出ていたりするので、そのまま使うのは避けた方がいい場合もあります。多少自分たちでカスタマイズして行くと、対策で高い点数を叩き出されることも少なくなります。複数の適性検査を併用することも有効な手段になりますね。

複数の検査を組み合わせると効果アップ

どんなに優秀な適性検査であっても、その人のすべてを詳らかにすることはできませんよね。これは当然のことでしょう。優秀な適性検査でも、チェックの漏れはあるものです。ですから、可能な限り多くの検査を併用していくのが望ましいわけですね。複数の適性検査を導入するのは、さほど苦労をすることではないので、優秀な人材を確保するためにはやっておきましょう。大手企業は知能検査や適性検査、常識力チェックなど様々なものを用いて会社を強化しています。

適性検査は、就職試験の際に企業が実施する検査の1つで、代表的なものとして、一桁の数字を連続的に加算させ、その結果によって性格や適性を検査するクレペリン検査などが挙げられます。