こんなにあった!白色申告と青色申告の違い

申告の手間に違いがある

白色申告と青色申告では、申告の方法が異なってきます。大きな違いを挙げるとすると、白色申告は青色申告と比べると、手間がかからないという点に違いがあると言えるでしょう。白色申告の場合は、単式簿記というやり方で申告することになりますから、一般的な家計簿やお小遣い帳と同じようなやり方で誰でも簡単に行うことができます。一方、青色申告の場合は、複式簿記で申告をする必要があるので、その年の利益や経費を計算して申告する必要があります。

控除される額に違いがある

白色申告で確定申告を行う場合は、誰でもできる簡単な方法で申告ができますが、青色申告で申告した方が節税対策になります。なぜなら、青色申告の場合は、複式簿記で申告すると65万円のを課税対象金額から控除されるからです。また、単式簿記での青色申告であっても、10万円が控除されるので、青色申告の方が節税ができるということが言えるでしょう。ただし、複式簿記で申告をする場合は、申告漏れなどがあると、申告のやり直しが必要になったり、場合によっては追徴課税が出てきたりもするので、正しく申告する必要があります。

申告における特典に違いがある

青色申告の複式簿記で申告をする場合は、白色申告にはない特典があります。いくつか挙げるとするならば、赤字を3年間繰り越せるという特典があります。例えば、事業を開始した最初の年は100万円の赤字で、2年目は200万円の黒字だったとすると、2年目の事業所得を100万円として申告することができるということになります。赤字を通算することができることによって、課税対象所得が少なくなりますから、支払う税金の額も少なくなるということになります。

白色申告は、以前は300万までは必要が無かった、収支報告書が必要となりましたので注意が必要です。日々の記帳が重要です。