燃料不要で発電!各家庭で自分の電気を得られる

燃料を使わずに発電が可能

日本の電力会社ではいくつかの方法で発電を行っています。現在主力になっているのは火力発電で、石油、石炭、ガスなどを燃焼して発電を行います。燃料がどうしても必要です。太陽光発電では、太陽の光を用いて発電を行います。ですから燃料は一切必要としません。設置をしておけば、どんどん発電をすることが可能になります。燃料の場合は、将来的に枯渇してしまう可能性があります。太陽光の場合、太陽が出続けている限りには常に発電が可能です。

二酸化炭素などの排出がない

生物が呼吸をするとき、酸素を吸って二酸化炭素を出します。植物が二酸化炭素から酸素を作ってくれるので、通常ならそれなりにバランスが取れます。しかし、今は製品を作ったり、車の運転などでどんどん二酸化炭素が出ています。発電でも燃焼により排出量が増えています。太陽光発電では、太陽の光を利用します。燃やしたりする工程はなく、二酸化炭素や有害物質を生み出す過程がありません。ただ電気を作ってくれるだけのクリーンな発電になります。

大規模な施設から家庭用の施設まで

火力発電所を作ろうとするとそれなりの規模が必要です。今はガス発電なども出てきていますが、規模や効率などが大きく異なります。太陽光発電のいいところとして、大規模に行うこともできれば、各家庭でも行えることです。遊休地などがあるならそこに設置をすることで大量の発電ができます。町の電気を賄えることもあります。一方で、各家庭の屋根に設置をすれば各家庭で必要な電気を賄えます。余った電気を売電するなどの仕組みも整っています。

太陽光発電に関心があるなら情報収集が決め手です。各メーカーのホームページを閲覧して、太陽光発電の価格を比較しましょう。見積もりを依頼することもできます。