倉庫は郊外が多い!?安い場所で広く土地を確保する

大きな倉庫は地価が安い場所で建築

倉庫で働いていると自動車通勤できる人の方が働きやすいです。卸売り業や倉庫業者が商品を保管するために大きな倉庫を構える場合には、街の中心地では地価が非常に高く取得したり維持するには多くの費用がかかります。そのため地価が安くできるだけ大きな倉庫が建設できるような面積を確保するには郊外の土地でなければならないのです。そうなると公共機関がそう充実していない場所もあります。そうすると公共機関を利用しての通勤は難しくなります。

郊外への通勤には自動車がいい

また卸売りの倉庫の場合には、発注が来たらできるだけ早く出荷して送れる対応ができる倉庫は評価が高くなり、多くの企業から利用されることにもなります。そのため中には24時間体制で出荷対応をしている倉庫も多くあります。そうなると公共機関が終了している、また始発前の時間帯に出勤が必要な場合には。倉庫までの移動には自動車が必須になります。24時間体制での勤務対応するためにも自動車で通勤できた方がメリットが多いです。

倉庫以外に駐車スペース等が必要

倉庫内ではピッキング等の作業を考えると多くの従業員が必要になります。パートを活用している企業も多くありますが、パート社員も自動車で通勤してきます。そのために倉庫を郊外に構える場合には、倉庫そのものの土地以外に、自動車の駐車スペースも広く持つ必要があります。当然、商品の入荷や出荷の場合には多くのトラックが倉庫に横付けされますが、トラックが行き来したり、Uターンできたりというスペースの確保も必要になります。

物流施設を建築したい場合には、立地条件を決めると同時にそのような場所を探します。仕事を続けることができるように、建築場所の選定は大事です。