夢の自営業!しっかり準備しておけばきっと成功する!

何がやりたいかを決定する

サラリーマンとして仕事をしていればそれなりに安定があります。ただ、自分の好きなようにはできませんし、大きくお金を儲けることもできません。自営業であれば、好きなことができ、大きく儲けられることもあります。まずは、何がやりたいかを決める必要があります。サラリーマンであれば、今している仕事に関連していることなら、知識などの準備は不要です。飲食店などになれば新たに知識などを得ておく必要があります。準備期間が必要です。

資格や知識が必要な場合

弁護士の仕事をするには登録が必要です。登録のためには一定の研修が必要で、その前には試験に合格しておく必要があります。誰でも自由にできるわけではありません。自営業の場合も今すぐにできる仕事もあれば、資格や知識が必要な場合があります。飲食店の場合は、衛生上の問題があるので保健所などに届け出をする必要があります。必須ではありませんが、調理師免許があると商売はしやすくなります。運営をするには、ノウハウなどの知識が必要でしょう。

お金を用意しないといけない

日常生活で使うお金は大体決まっています。給料があるなら、その範囲内で生活していれば問題ありません。自営業を行うとき、商品を仕入れればその支払いが必要です。販売すればお金ができますが、それを当てにして仕入れをすることはできません。支払いの方が先に来るためです。必ず仕入れ代金を事前に準備して経営をしていくことになります。自分の貯金などを当てて始めることもありますし、融資を受けたり、出資を募ったりして行うこともあります。

フランチャイズチェーンに加盟することで、事業経験が全くない人でも経営に乗り出すことが可能です。そのチェーンが持つブランドイメージも利用できるため失敗確率は低水準です。