SEO対策のテクニック!プロが教えるその秘訣とは?

SEO対策用のキーワードは、三つに分ける

SEO対策について考える場合は、ビックキーワードに目が奪われてしまう場合もあるでしょう。ビッグクーワードは、人気が高く直ぐに上位表示が出来るとは限りません。そのため、SEO対策を行う場合は、三タイプのキーワードに分ける方法がポイントなのです。一つ目は、時間を要するかもしれないビックキーワードです。二つ目は、数ヶ月で上位表示が出来る可能性のあるキーワードです。三つ目は、アクセス数は少なくても直ぐにでも上位表示が可能なキーワードです。三つのキーワードは、チリが積もれば山となる言葉の様に、続けて行く事でビックキーワードと同じぐらいのアクセス数を見込めるかもしれません。

SEO対策用のサブサイトに対して

SEO対策用のサブサイトにも力を入れる必要性があります。現在のSEO対策では、質の高いページからのリンクが望ましいと言われているためです。この質の高さとは、公には公表されていません。そのため、常識的な範囲で考える必要性があります。検索エンジンからのアクセスは、検索エンジン自身が知っています。たとえサブサイトであろうとも、検索エンジンからアクセスされそうなキーワードを扱うのもポイントです。質が高いページは、滞在時間が長い特徴もあるでしょう。そこそこの文章量で構成するのも大切です。動画などは、滞在時間を大いに伸ばせる可能性があります。そのため、数分以上の動画を配置するのもお勧めです。

サブサイトに対しても画像は、必ず配置する

SEOを行う場合、サブサイトに至っては画像が扱われない場合がほどんどです。SEO対策に対してのこのパターンは、検索エンジンは知っています。人為的な操作を望ましく思わない検索エンジンは、ペナルティを与える可能性もあるため画像の利用は必要です。

ホームページ作成とSEOの兼ね合いを重視することで、より多くのサイトの訪問者を獲得することができるようになります。