起業は一から行うのがいいのか?フランチャイズがいいのか?

自分で一から事業を始める

会社で仕事をする場合、会社のルールの中で行う必要があります。その会社で扱っている商品が限られていれば、それ以外は売れません。商圏が決まっていれば、それ以外の地域で販売もできません。だんだん仕事がわかってくると、より良い商品を販売したい、より広く販売したいと考えるようになるでしょう。この場合には起業をして自分で行ってみましょう。一から自分で行うなら、いつでも始められます。ただし、ノウハウなどもすべて自分で持っておく必要があります。販売の事業なら、仕入れや販売などの本業の部分だけでなく、経理的な仕事や、支払いの仕事なども自分で行う必要があります。計画を立てながら行わないと、仕事はあるのに継続できないケースもあるので注意しましょう。

フランチャイズならサポートがある

フランチャイズビジネスで起業するといえば、コンビニなどが知られています。個人でも簡単にオーナーになれ、ブランドなどを利用できるだけでなく、営業サポートなども受けられます。フランチャイズによる起業は、コンビニだけではありません。一般的なビジネスでも可能です。保険会社や不動産会社などいろいろな業種でフランチャイズを利用できます。コンビニ同様にブランドが利用でき、事務的な業務の代行サービスなども利用できる場合があります。そのため、本業に専念しながら業務を拡大できます。ただし、一定の手数料を支払わないといけません。固定で支払う場合もあれば、売上に応じて支払う場合もあります。事業拡大するときにネックになるかもしれません。

独立開業を目指す人に選択肢の一つとして考えてもらいたいのがフランチャイズ経営だ。自分がオーナーとして企業の加盟店となることで、企業の名前や経営ノウハウを提供してもらえるので経験がなくても店が持てる。